育毛~冬こそ差をつける時~

夏になると育毛を頑張る方がいますが、冬になると怠ってしまう人も結構いるんです。

なぜか!?

それは、夏は肌を露出するので、当然頭もむき出しの状態です。
更に、海やプールなどで水に入ると薄毛がすぐにバレてしまうので、夏になると育毛を頑張る人が多いんです。

その反面、冬は寒くて厚着になるので帽子なども被ります。
なので頭を隠すことが出来るんですよね。

夏も日よけの意味で帽子を被る人はいますが、さすがに水の中までは帽子を被ってはいけませんよね。

そんな冬だからこそ、頭を隠すことの出来る冬だからこそ育毛のシーズンと言えるんです。この時期に頑張って育毛をして、来年の夏になったらフサフサの髪を見せつけてやりましょう!!

薄毛の人はこの時期頑張らないといけないんです!
夏になると育毛を怠っている人は間違いということですね。

この時期、特にお勧めなのがやっぱり定番のプロペシアです。
プロペシアが飲み続けることで効果が期待出来るものなので、今のうちから飲んで来年の夏に間に合わせましょう!

何度言いますが、差をつけるなら今なんです!
今サボったらいつになってもフサフサになりませんよ?
水面下で今頑張るからこそ髪に神が宿るんです!

それと、冬にお勧めな点がもう一つあります。
冬は汗をかきにくいので頭が蒸れたりせず育毛に最適なシーズンと言えます。
ただ、部屋の中を暑くし過ぎると汗をかいて頭が蒸れてしまうのでその点だけは注意して下さい。

今回は冬こそ育毛を!ということでお届けして参りましたが、冬に育毛をお勧めする意味をご理解頂けましたでしょうか。

寒い冬はこれから始まります。
寒い冬だからこそ頭はホットにしましょう!

日本人に一番多い「はげ方」

頭頂部から、M字で、オデコ後退など、薄毛の進行具合って人それぞれ違いますよね。勿論、家族からの遺伝でそれが左右されている説が有力なのですが、そこからもう一歩踏み込んだ「はげ方の分かれ方」がきっとあるはずです。

というのも、当然ながら遺伝というものは薄毛の進行具合だけに表れるものではなく、もっと確実に全ての人に受け継がれることがあります。それは一体なんでしょうか?…答えはとてもシンプルです。同じ遺伝子を持つ家族のことを、何の繋がり、と呼ぶでしょうか。そう、血。もとい血液型です。先代からの遺伝によって、薄毛の進行具合も受け継ぎますが、それ以前に血液型をも受け継ぎますね。

つまりどういうことかと言うと、血液型で薄毛の進行のしかたも左右される傾向にあるということです。とは言っても性格と同じで、血液型によって異なるというのは医学的に証明されているわけではなく、あくまでも統計として、そのような傾向もあるのだそうです。

血液型が由来しているということが分かると、もう一つの傾向が浮き上がってきます。日本人にはA型が多いと言われています。次が確かO型ですね。つまり、はげ方も「日本人に多いはげ方」というものがきっとあるのでしょう。

そこで血液型別、薄毛の進行のしかたを簡単にご紹介します。

まず日本人に一番多いと言われているA型の薄毛の進行のしかたは、全体的に薄くなっていくのですがこめかみや襟足部分の毛は何故か割りと残る、という進行のしかたをします。国民的ご長寿アニメ「サザエさん」のお父さん、波平さんのはげ方は素晴らしいことにまさにソレです。

次にB型。オデコがだんだん後退していくタイプです。どなたかが「オデコが後退しているのではなく私が前進しているのだ」という名言をされていましたね。

日本人に2番目に多いO型の進行のしかたは、Oという文字通りキレイに、潔くはげきるのだそうです。
逆にAB型はあまりはげないのだとか。

血液型をもとにして、自分の傾向を知っておくと抜け毛薄毛の対策もしやすいでしょう。

育毛の第一歩は抜け毛の予防から

育毛を始める時に重要なこと、それは今生えている毛を強化させ、簡単に抜けてしまわないようにすることではないでしょうか。今ある状態から更に健康で強かな状態にするには、今ある状態を見直し、改善するところから始まります。

よって育毛に取りかかる際は足元を固める、もとい毛根を固める必要があるように思えます。新しく毛を早そうにも土壌が整っていないと育つ物も育たない=育毛は達成されません。食事やストレスへの対処など、基本的な日常生活の改善から攻めましょう。
食事に関してはとにかくタンパク質、ビタミンA,B2,B6を多く含む緑黄色野菜を意識的に摂ることが一番の近道です。特に、身体を作るために欠かせないタンパク質は多く摂ることで目に見えて効果が表れるでしょう。
人の毛髪と肌の9割はタンパク質で構成されています。ある女優さんは一日に納豆を6パックも食べるそうなのですが、仕事柄変則的な生活を強いられながらも変わらぬどころか日々磨きをかけた容姿を要求される立場としては、納豆というかタンパク質はまさに命綱のような役割を担っているのでしょう。

売れっ子であるがゆえ、かなり多忙な生活であり想像も出来ないようなストレスやプレッシャーを抱えているであろうに、髪も肌もボロボロで…という姿が週刊誌にゴシップされたことは一度も無く何年経っても清純派、健康美のイメージを保っています。抜け毛なんてもってのほか。
抜け毛を予防するには、抜け毛なんて言葉とは全くイメージのかけ離れた芸能人の美容法や健康法を探ってみるのも一つの手かも知れません。
とは言え、さすがに普通の生活をしていて納豆6パックはやりすぎですが…。

合成界面活性剤とは

育毛など頭皮のケアをされている人にとって
「合成界面活性剤」とは馴染みのある言葉ではないでしょうか?

言葉の意味は分からなくても、
何となく頭皮に良くないという認識の方がほとんどだと思います。

ということで、
今回はこの「合成界面活性剤」について詳しく書いてみようと思います。
どう頭皮に悪いのかしっかりと勉強しましょう。

まず、合成界面活性剤の役割についてですが、界面という文言が入っている通り、これは界面部分を活性させる役割があります。

この場合の界面部分とはほとんどが水と油を指します。

合成界面活性剤はシャンプーやリンス、ヘアワックスなどによく含まれているものなのですが、シャンプーやリンス、ヘアワックスを想像してみて下さい。どれも白色がベースになっていませんか?あれは水と油をまぜて乳化させることによって出来る色なんです。

その乳化を促す役割があるものが合成界面活性剤なんです。

合成界面活性剤が含まれていないと乳化されずシャンプーなどに含まれている成分が分離してしまいます。それを防ぐ為、もしくはそれを促す為の成分なんです。

ではなぜこれが頭皮に悪いのかと言うと…
合成界面活性剤が含まれているものは頭皮に浸透しやすいという側面を持っています。

シャンプーやリンス、ヘアワックスなどは髪に塗布するものであって、皮膚に浸透させるものではありませんよね?でも、合成界面活性剤が含まれていることによって浸透してしまうんです。これが頭皮に良くないという原因なんですね。

シャンプーやリンスは使う際に洗い流しますが、
ヘアワックスの場合は髪に付けたまま長時間過ごします。
なので洗い流さないとワックスの成分がどんどん頭皮に浸透していってしまうという訳なんです。

勿論この成分は頭皮に良いものではありませんから、
結果として薄毛になってしまうという訳なんです。

合成界面活性剤がなぜ薄毛の原因になるかご理解頂けましたでしょうか?

とはいえ、今では効果的な育毛剤が多々世に出回っていますので、
薄毛が気になる方は育毛剤を使用してみるのもいいですよね!

最近ではプロペシアが一番人気が高いですね。
興味がある方はプロペシア通販情報でチェックしてみてください。

という訳で、今日は合成界面活性剤のお勉強でした。

育毛するには金がいる

育毛剤を購入する程度なら普通の人でも出来るかもしれませんが、専門的な治療、例えばAGAクリニックに通ってハーグ療法やグロースファクター再生療法にチャレンジするひとはある程度のお金が必要になります。

専門家に育毛治療をお願いするとお金がかかるんですね。薄毛の悩みって深刻だから高いお金を払っても治療したい人って沢山いるんですね著名人ではサッカーのルーニー選手が自毛植毛術をしたことで有名ですよね。

まぁしっかりと高確率で育毛に成功しようと思うのならお金が必要な事は事実として受け入れておいた方がよいのかもしれませんね。まぁ誰しもがそんな大金を持っている訳じゃないので無い場合には借金も視野にいれなければなりません。悩みを解決するためにする借金は後ろめたさを感じる必要性はないと思いますよ。

そしてハーグ療法、自毛植毛術、グロースファクター再生療法などを利用すれば大体の人が育毛に成功するといわれています。つまりハゲの悩みが解決できるわけです。

それ相応の体かを支払ってという条件付きですが。でも薄毛の悩みが解決出来れば日々の生活も前向きになりますし、なによりも自分の自信を取り戻すことが出来るので悩みを解消するためにある程度お金を無理してでも突っ込むのはありだと私は思います。

女性用育毛剤が流行っている

女性用育毛剤が流行っていることはご存知でしょうか。
薄毛は男性だけの専売特許だという時代は終わったようです。

今は若い女性の薄毛の悩みが深刻化しているんです。
まぁ昔と比べて女性の社会進出も目まぐるしくなり、外食が増えたり、髪の毛をいじりまくったり
寝る時間が不規則になっているので必然的に薄毛の女性が増えてきたわけです。

男性以上に髪の毛にダメージを与えたり優しくない行動をしているのは女性と言えるでしょう。男性は心のどこかでハゲたらまずいと思っていますが(それでも禿げますがw)、女性の多くがまさか20代30代で薄毛の悩みに直面することになるであろうことを想像もしないのでしょうね。

自分は女だから薄毛になることはない。そういった気持ちが心のどこかにあるからこそ髪の毛のケアが不十分になって薄毛が進行してしまうんですね。

ただ男性の薄毛よりは女性の薄毛の方が改善しやすいので薄毛が気になりだしたという方はすぐに対策を取られた方が宜しいかと思います。

具体的に言えばまずは女性用の育毛剤を使う事ですね。
日常生活の乱れと頭皮のダメージをなるべく避け育毛剤をしっかりと継続して利用すればおそらく高い確率で薄毛の悩みは解決できることでしょう。

ただそのまま放置しておけばおくほど薄毛の悩みを解決できる可能性は低くなると思った方が良いでしょう。これは男性だけじゃなく女性にもあてはまることなのです。

薄毛で悩んでいるのならあれこれと考えたりする前に即、行動に移しましょう。
行動することで育毛についての知識、薄毛治療の方向性が見えてくるようになります。

例えば女性の薄毛の種類や効果的な洗髪方法、正しいブラッシングの仕方、シャンプーの仕方などですね。総合的にしっかりと髪の毛のケアを意識して毎日をすごせば高い確率で薄毛は改善されるはずです。

ただ先程も申し上げましたが、早めに対策することが非常に重要です。
はじめの一歩をどのタイミングで踏み出すことが出来るのか。それが非常に大切な事です。

育毛情報に精通しよう

育毛・発毛を成功に導くために必要な要素があります。それは「情報収集」です。 最新の育毛治療法、育毛剤、育毛サプリ、毛髪再生医療についての知識を頭に入れ込む事で育毛に成功する確率は飛躍的にアップします。

限られた情報の下、深い考察なしに育毛剤は育毛治療を受けるとお金の無駄になるケースが多くなります。

大切なのは確率です。髪の毛が生える確率を高める為に何をすべきかってことを常に考えるのです。 その一番重要な部分が情報収集ですね。

昔と比べて育毛の治療現場はかなり進化しています。 一昔は不可能と言われていた発毛が今では可能になっています。

ただこれはあくまで可能というだけでどのようなアプローチをするかにより結果は全然異なるものになります。 誤った方向に走った人はただ湯水の如くお金を投資して得るものがなかったという結果になりかねません。

ネット上やツイッターで発信される新鮮な情報を常にキャッチし、今自分が行っている育毛治療法がベストなのか常にチェックしなければいけません。 間違っていれば修正する。この発想は大切です。

とにかく育毛・発毛を至上命題としている人は育毛情報に精通しましょう。